東海大甲府 来春センバツ出場絶望的 1回戦敗退

[ 2012年10月28日 06:00 ]

秋季高校野球関東大会1回戦 東海大甲府4―6佐野日大

(10月27日 敷島)
 今夏甲子園4強のチームの東海大甲府(山梨)が、来春センバツ出場は絶望的となった。甲子園で本塁打を放った渡辺主将は、3点を追う5回に高校通算22本目となる左越え2ラン。

 しかし、勝利には結びつかず「負けたら意味がない。変化球の対応を課題にやって、夏に甲子園に行きたい」と声を絞り出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月28日のニュース