イチ「その裏側、奥にあるものは今は分析できないです」

[ 2012年10月20日 06:00 ]

タイガースに4連敗し、ベンチを引き揚げるヤンキースのイチロー(左端)。右端は黒田

ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦 ヤンキース1―8タイガース

(10月18日 デトロイト)
 【ヤンキース・イチローに聞く】

 ――敗退の瞬間はすぐにベンチ裏へと引き揚げたが。

 「意図的にそうしているわけではない。その裏側、奥にあるものは今は分析できないです」

 ――オリックス、マリナーズ時代のポストシーズンと比べた悔しさ。

 「悔しさの種類はいつも違いますね」

 ――ジーター不在の状況で終わってしまった。

 「ベストのメンバーでグラウンドに立ちたいというのは当然のことですけれど、これも野球の一部ですから」

 ――やりきった思いとやり残した思いは。

 「挙げ出したらきりがない。それに至るまでのプロセスでもっとやっておけばよかったということは一切ないが、結果として、もっとできることはいっぱいあった。このチームはワールドシリーズに出ることが最低ラインみたいな宿命を背負っているから、当然」

 ――1年が終わった。

 「シアトルでプレーしていて、凄く孤独になる時間、そう感じる時間が多かったですけど、そこで自分なりに戦ってきたことは、確実に自分の力になっていた。そういうふうに思っている」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月20日のニュース