新井 笑顔で応えた「金本さんは相当うれしかったのでしょう」

[ 2012年10月9日 13:12 ]

引退試合を控え、金本は新井が後方で見つめる中、フリー打撃で快音を響かせる

 阪神・新井貴は、金本の引退試合となる9日のDeNA戦(甲子園)で、右肩痛を抱えながらも5番での強行先発が有力だ。

 1軍合流2日目の8日も、前日同様にフリー打撃、守備練習とメニューを消化。「邪魔だ」という金本の発言を伝え聞き、「金本さんが“戻ってきてくれてありがとう”と目に涙を浮かべて言ってくれました。相当うれしかったのでしょう」と満面の笑みで応えた。

 出場は9月21日の中日戦(甲子園)以来、11試合ぶり。「実戦に出ていないけど。大丈夫。関係ない」。尊敬する金本の引退試合には特別な思いがある。誰よりも熱い気持ちで勝利に貢献してみせる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年10月9日のニュース