オリックス 来季へ光明!金子 6月以来白星 坂口も復帰戦で安打

[ 2012年10月6日 06:52 ]

<オ・ソ>金子は7回を無失点に抑え4勝目をあげお立ち台で笑顔を見せる

パ・リーグ オリックス3-1ソフトバンク

(10月5日 京セラD)
 来季への光明だ。右肘の張りで戦列を離れていたオリックスのエース金子が6月16日の中日戦以来の先発で、7回6安打無失点。同9日の阪神戦以来となる白星で今季ラスト登板を飾った。

 「勝ち星は久しぶり過ぎてあんまり勝った感じがしませんね」。度重なる故障で今季はわずか9試合の登板に終わった。「ケガをしなければ岡田監督も急に代わることはなかった」と、休養に追い込まれた指揮官にすまなさそうに話した。

 7回に代打で中前適時打を放った坂口も復帰戦だった。「ファンの大きな声援には感動しました。でもチームが低迷してしまった責任は感じてます」。5月中旬に負傷した右肩は投げることに関しては万全ではないものの「しっかり治す時間を与えていただいたので…」と、岡田監督への感謝は忘れていなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年10月6日のニュース