阪神 東京ドーム10連敗 好機に併殺、直後に逆転許す

[ 2012年9月15日 06:00 ]

<巨・神>7回1死三塁、阪神・小宮山がスクイズを失敗し、併殺でチャンスを潰す

セ・リーグ 阪神2-3巨人

(9月14日 東京D)
 阪神は東京ドームでは今季8敗2分け。昨季からは10連敗となった。

 勝敗を分けたのは7回。1死三塁で小宮山がスクイズに失敗(捕邪飛)し、三塁走者の新井も戻り切れずに併殺で好機をつぶすと、その裏に好投の岩田が坂本に逆転3ランを浴びた。低迷する今季を象徴するようなチグハグな試合内容に、和田監督は「1点を取りに行って、逆に流れを変えてしまった」と悔やみきれない様子だった。

 ▼阪神・岩田(7回2死一、三塁で坂本に逆転3ランを浴びて降板。12敗目)インコースを狙って甘くなってしまった。真っすぐを引っ張られること自体が力がない。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月15日のニュース