あと1本が…好調1番・森、3番・田村ともに無安打

[ 2012年9月6日 06:00 ]

18U世界野球選手権2次ラウンド 日本0―3コロンビア

(9月5日 木洞)
 日本打線は藤浪を援護できなかった。

 リードオフマンとして引っ張ってきた1番・森、好調だった3番・田村もそろって好機で打てずに無安打。田村は「少し結果を求めすぎた。自分たちが空回りした」と厳しい表情で話した。終盤の3イニングは毎回得点圏に走者を置いたが、決定打が出なかった。7回2死一、三塁で右飛に倒れた森は「自分の思うようなプレーができなかった」とうなだれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月6日のニュース