プロ志望の国学院大・谷内 4安打は「出来過ぎ」

[ 2012年9月4日 06:00 ]

<国学院大・中大>2回2死一、三塁、中越え2点適時二塁打を放つ国学院大・谷内

東都大学野球第1週最終日 国学院大6―4中大

(9月3日 神宮)
 国学院大は1番に座った谷内が4安打を放った。初回に中前打で出塁すると、2回には中越え2点二塁打。2盗塁もマークし「4安打は記憶にないです。出来過ぎ」と笑みをこぼした。

 1年春からリーグ戦に出場し、2年秋には優勝を経験。昨春に2部降格を味わったが、3季ぶりの1部復帰で大活躍を見せ「(進路は)プロを考えていますが、今はチームが勝てるようにやっていきたい。勝ち点1が目標ではない。もっと上、優勝です」と鼻息は荒かった。

 ▼中大・二十八(つちや)(6回にリーグ戦1号となる右越え2ラン)つないでいこうと思っていました。一番飛ぶポイントで打てた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年9月4日のニュース