亜大1安打で勝った!監督「こんな野球でいいのかな」

[ 2012年9月4日 06:00 ]

<亜大・東洋大>4回1死満塁、東洋大・山口を三併に打ち取り、ガッツポーズの亜大・久里

東都大学野球第1週最終日 亜大1―0東洋大

(9月3日 神宮)
 2回戦2試合が行われ、3季連続優勝を狙う亜大が、東洋大相手に1安打で勝利を収めた。投げては九里亜蓮(あれん)投手(3年)が2安打完封し、勝ち点を挙げた。また、3季ぶりに1部に復帰した国学院大の谷内(やち)亮太主将(4年)が4安打2打点2盗塁の活躍で、チームは中大に連勝した。

 亜大が10三振を喫しながら、わずか1安打で勝った。5回に遠藤雅がチーム初安打を放ったが、7回まで三塁も踏めずに無得点。8回に茶原が振り逃げ(捕逸)で出塁すると、犠打で二塁へ。その後、東洋大・能間の連続暴投で生還した。生田勉監督は「こんな野球でいいのかな」と苦笑まじりに振り返った。先発の九里は2安打完封でリーグ戦通算6勝目をマーク。「スライダーは狙ったところに投げられた。どういう形であれ1点取ってもらって、絶対に守りきるつもりだった」と胸を張った。

 ▼東洋大・能間(リーグ戦初先発で1安打10奪三振で完投も敗戦)あと4カード頑張ります。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月4日のニュース