城間 7回無失点「しっかりコースを突いていけた」

[ 2012年9月3日 06:00 ]

<日本・パナマ>7回を無失点に抑えた日本代表・城間

18U世界野球選手権1次ラウンド 日本8―0パナマ

(9月2日 蚕室)
 宿舎で同部屋の大谷に負けじと、投げては日本の先発・城間(光星学院)が7回3安打無失点。三振は1つだけだったが、全米ドラフト指名を受けた3人が名を連ねたパナマ打線相手に凡打の山を築いた。

 「初回は緊張したが、しっかりコースを突いていけた。体が大きい人が多かったので、低めに投げることを意識した」。小倉監督は「(城間は)制球がいいし、度胸もある」と評価していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月3日のニュース