中村「長かった」2年ぶり勝利 140キロ速球で快投

[ 2012年9月3日 06:00 ]

<ソ・日>今季初勝利を挙げた日本ハム・中村はマスコットのB・Bからキスされる

パ・リーグ 日本ハム2―1ソフトバンク

(9月2日 ヤフーD)
 日本ハム・中村が快投を演じた。初回に1点を失ったが「ずるずるといっては駄目だ、と切り替えた」。緩急を駆使し、速球は140キロ程度でも、相手打者を押し込んだ。

 7回4安打1失点で、ダルビッシュ(レンジャーズ)以来となる球団高卒新人の初登板初先発勝利を挙げた10年8月11日のロッテ戦(千葉マリン)以来、2年ぶりの白星。3年目の20歳は「長かった。いろいろ壁にぶつかって、思うような球を投げられない時もあった。ここまで来られて良かった」と感慨深そうに話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年9月3日のニュース