山口 プロ史上初!5年連続60試合登板達成

[ 2012年8月30日 21:53 ]

セ・リーグ 巨人9-3中日

(8月30日 郡山)
 巨人の山口が30日、中日戦で今季60試合目の登板を果たし、プロ野球史上初の5年連続60試合登板を達成した。

 山口は9―3の8回に4番手でマウンドに上がり、1回2安打無失点。「久しぶりの登板で少し緊張した。数字は意識していないが、チームに貢献できているのがうれしい」と話した。

 これまで4年連続60試合登板を記録していたのは、稲尾和久(西鉄)、秋山登(大洋)、藤川球児(阪神)、加藤大輔(オリックス)と、そうそうたる面々。「けががなく投げてこられ、トレーナーの方たちに感謝している。これからもチームのために頑張っていきます」 と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年8月30日のニュース