岡田 人生初サヨナラ!リーグVへ「まだ諦めていない」

[ 2012年8月30日 06:00 ]

<ロ・楽>9回2死一、二塁から右翼線にサヨナラ打を放ったロッテ・岡田(右)は大塚コーチと抱き合う

パ・リーグ ロッテ3-2楽天

(8月29日 QVC)
 人生初のサヨナラ打を放ったロッテ・岡田は、一塁ベースを回ったところで青野と抱き合ってしまった。記録は単打。われを忘れて二塁ベースまで走ることを失念していた。

 「二塁ベースまでいけば二塁打なんですよね?サブローさんに“二塁ベース踏んでへんやろ?”と言われました。次は気をつけます!」

 土壇場で試合をひっくり返した。1点を追う9回1死一、二塁から代打・福浦が左前へ起死回生の同点打。さらに2死一、二塁。ここで岡田が青山の高めのフォークを右翼線へはじき返した。2年前に長嶋打撃コーチが2軍の打撃コーチに就任。その当時から「直球狙いでも高めの変化球に対応できるし、低めの変化球は見送れる」と繰り返しアドバイスを受けてきた。今でも一貫して直球待ちで変化球に対応している。まさに教え通りの一打に「(鈴木)大地が塁に出て里さん(里崎)がつないで福浦さんが還した。いい波に乗れました」と胸を張った。

 前日の同カード(QVCマリン)でチームは9―1で勝利も、自身はエンドラン失敗、バントミス、盗塁死と散々な結果に終わった。この日の試合前。恐る恐る西村監督に歩み寄り、謝罪すると「きょうはやってくれるだろう?」と笑顔で返された。「(西村監督から)ハッパをかけられたので何とかしてやろうと思った」。指揮官の期待に今季2度目の3安打でしっかりと応えてみせた。

 チームは7月16~18日の楽天戦(同)以来、11カードぶりのカード勝ち越しで3連勝。4位ながら貯金3と持ち直し、3位のソフトバンクに1ゲーム差。首位の西武にも3・5ゲーム差と、05年以来のリーグ優勝は十分射程圏内だ。岡田はお立ち台で「まだ諦めていない。優勝に向けて突っ走りましょう」と気勢を上げた。ロッテが夏の終わりに再び息を吹き返した。

 ≪あと2打席≫福浦(ロ)が9回に代打で同点の適時左安打。これで17日の日本ハム戦から代打で5打席連続安打。代打の最多連続安打記録は80年松原(大洋)、03年初芝(ロ)の7打数。うち四死球を挟まない連続打席安打は前記初芝の7打席が最多。福浦がこの記録にあと2打席に迫った。なお、今季の福浦は代打で27打数14安打(打率・519)。20度以上代打起用された打者では両リーグを通じ最高打率だ。

 ▼ロッテ・福浦(1点を追う9回1死一、二塁、代打で4試合連続安打となる同点打)たまたまですよ。来たボールだけを打とうと思っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月30日のニュース