藤浪 高校日本代表合宿で20球 国際球で変化球交える

[ 2012年8月26日 06:00 ]

高校日本代表の練習ユニホームに身を包み、ブルペンで投げ込む藤浪

 第25回IBAF18U世界野球選手権大会(30日~9月8日、韓国)に参加する高校日本代表の国内合宿が大阪府内で行われ、全20選手が参加した。春夏連覇を達成した大阪桐蔭のエース・藤浪は、決勝から中1日で志願のブルペン入り。「体が重かったので、投げてみてどうかなと思った」と、国際球で変化球を交えながら20球を投じた。

 27日の関西学院大との練習試合に登板し、本大会では予選リーグのカナダ戦(31日)か台湾戦(9月1日)での先発登板が濃厚。「変化球がどれだけ通用するか見てみたい。投げることもしっかりやって、雑用もやっていきたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月26日のニュース