部員逮捕の作新学院が国体辞退 仙台育英が代替出場

[ 2012年8月21日 16:09 ]

 日本高野連は21日、岐阜国体の高校野球硬式の部(9月30日~10月3日・岐阜長良川など)=公開競技=への出場が決まっていた作新学院(栃木)が辞退し、補欠1位校の仙台育英(宮城)が繰り上がりで出場すると発表した。

 2年生の硬式野球部員が17日に、強盗容疑などで逮捕されたことを受けたもので、作新学院の長谷川勝比古校長は「日本高野連による正式な審議、判断を待つ身であり、そんな中で国体出場によってこれ以上の迷惑をかけることはできない」などとするコメントを発表。高野連は「作新学院から申し出があったので受理した」としている。

 同校は不祥事が18日に発覚後、19日の全国高校野球選手権大会3回戦は勝ったが、21日の準々決勝で敗退した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2012年8月21日のニュース