「江柄子」は全国に10数人の珍名 発祥は岩手?

[ 2012年8月21日 07:32 ]

ブルペンで投球練習をする江柄子

 巨人は22日のヤクルト戦(神宮)の先発にドラフト6位新人の江柄子裕樹投手(25)を抜てきする。すでに高木京、田原と新人2投手が勝ち星を挙げており、快進撃を支える新人パワーでマジック点灯が懸かる鬼門での3連戦に挑む

 「江柄子」という珍しい名字は、リクルーティングスタジオ社が運営する「名字由来ネット」によると全国に10数人しかいないと推定される。同社のルーツ製作委員会の調べでは、もともと「江柄」という姓の分家として「子」が付いたとみられ岩手県の陸中国紫波郡江柄邑(えがらむら)発祥とも。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年8月21日のニュース