浦和学院、エース温存裏目 佐藤「この経験を大学で」

[ 2012年8月20日 06:00 ]

<天理・浦和学院>浦和学院・笹川は号泣する佐藤(左)を慰める

第94回全国高校野球選手権大会3回戦 浦和学院2―6天理

(8月19日 甲子園)
 浦和学院はリリーフ待機させたエース佐藤を投入する前の失点が最後まで響いた。

 先発した2年生右腕・山口、2番手の1年生左腕・小島が3失点ずつ。森士(おさむ)監督は「佐藤は1、2回戦で調子が悪かった。早めの継投を考えていたが、思わぬ失点で流れを止められずにズルズルいってしまった」。4点ビハインドの6回から登板し、3回無失点の佐藤は「日本一を目指してきて、こういう形で終わって悔しい。この経験を大学で生かし、将来プロを目指したい」と次のステージを見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年8月20日のニュース