加賀美 9回無失点の好投報われた…DeNAが接戦制す

[ 2012年8月19日 17:42 ]

<中・D>中日戦に先発し、9回を無失点で2勝目を挙げたDeNA・加賀美

セ・リーグ DeNA2―0中日

(8月19日 ナゴヤD)
 DeNAが接戦を制した。0―0の延長10回2死二塁から内村の右前打で均衡を破り、さらに満塁から森本が押し出し四球を選んだ。

 先発の加賀美は9回2安打無失点で2勝目。

 140キロ台の直球にチェンジアップを織り交ぜ、中日打線を手玉に取った。「立ち上がりに点を取られることが多かったので、初回から飛ばしていった」という。それでも延長十回の攻撃で代打を送られるまでスタミナは切れなかった。

 先発投手の駒が足りないチームに、光明となる白星。2年目の右腕は「先発のチャンスをもらって勝てて、すごくうれしい」と笑顔で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月19日のニュース