光星学院 3発8強!北條&田村、聖地で初アベック弾

[ 2012年8月19日 06:00 ]

<神村学園・光星学院>1回1死一塁、光星学院・北條が勝ち越し2ランを放つ

第94回全国高校野球選手権3回戦 光星学院9―4神村学園

(8月18日 甲子園)
 3回戦4試合が行われた。第1試合では光星学院(青森)が神村学園(鹿児島)を9―4で下し、3季連続の8強入り。今秋のドラフト上位候補、田村龍弘捕手(3年)、北條史也内野手(3年)の3、4番コンビが初めてのアベック弾を放った。第2試合では大阪桐蔭の背番号10、沢田圭佑投手(3年)が決勝本塁打を放ち、投げては2失点完投。今春のセンバツで決勝を戦った両校が3発そろい踏みとなった。

 これぞ千両役者。これが高校球界屈指の59発コンビの実力だ。甲子園14試合目で飛び出した待望の初アベック弾。3番・田村が「取材の方には試合前に“つないでいきたい”と言っていたけど、心の中では本塁打を打ちたいと思っていた」と笑わせれば、同校OBの巨人・坂本2世の呼び声高い4番・北條も「完璧でした」と声を弾ませた。

 まずは北條が先陣を切った。1―0の1回1死一塁から137キロ直球を左中間へ運び、2回戦・遊学館(石川)戦の最終打席に続く2打席連続本塁打で高校通算23号。田村も続いた。3回1死。「第1打席(四球)は(球が速くて)手が出なかった」ためタイミングを早めにとって左足を上げた。ところが柿沢の投球モーションに合わずに先に足がついてしまう。だが「(直球が)抜け気味の球がきてラッキー」とフォームはお構いなしにノーステップのまま豪快にすくい上げ、北條と同じ左中間に叩き込んだ。前夜の素振り中に打てる予感があったという通算36号に「ダイヤモンドを回ってる時は気持ちよかった」と余韻に浸った。

 2人は大阪の強豪・オール狭山ボーイズからのチームメート。先に光星学院への進学を決めていた北條から「一緒にやろう」と誘われた田村も甲子園優勝を目指して2人で青森へ行くことを決意した。「ライバルで負けたくない特別な存在」と田村。北條は「田村が終わっても自分がいる。嫌がられているのかなと思う」と不敵な笑み。甲子園で放った本塁打数はともに2本で並んだ。

 田村は5打席目までに4四球。6打席目に入る前、92年夏の甲子園2回戦・星稜―明徳義塾戦で5打席連続敬遠された「松井秀喜さんを思い出した」という。勝負され右飛に倒れたが、相手がゴジラ級の警戒をするほどだった。2季連続甲子園準優勝から悲願の東北勢初の大旗へ。TH砲の輝きが一段と増してきた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年8月19日のニュース