使用グラブは5000円!マエストリ イタリア人1勝

[ 2012年8月13日 06:00 ]

<ロ・オ>初登板初勝利のオリックス・マエストリはイタリア国旗を手に笑顔

パ・リーグ オリックス5-1ロッテ

(8月12日 QVC)
 岡田オリックスに待望の救世主が現れた。その名は、アレッサンドロ・マエストリ投手(27)。日本球界初のイタリア人投手は12日のロッテ戦に初登板初先発し、6回1/3を4安打1失点で初勝利を挙げた。

 米国、オーストラリア、そして日本の独立リーグを渡り歩き、今年7月に加入した異色の経歴を持つ右腕が、最下位に沈むチームに希望の光をもたらした。

 スタンドには「Forza!(イタリア語で頑張れ)」と書かれたボードが躍る。球史に新たな一ページを刻んだマエストリはお立ち台でイタリアの国旗を掲げた。ウイニングボールを手に「本当にうれしい。こんな形でデビュー戦を飾ることができるなんて」と、端正なマスクをほころばせた。

 生まれも育ちもイタリアという選手は日本球界初。2回1死一、三塁から福浦に先制の中前打を浴びたが、尻上がりに調子を上げた。圧巻は4回だ。3番・井口を144キロ直球で、4番・ホワイトセルを146キロ直球で連続空振り三振。ツーシーム、チェンジアップ、フォーク、スライダーを効果的にちりばめて的を絞らせなかった。最速は148キロ。6回1/3を4安打1失点にまとめた。

 今季終了までの契約で推定年俸は220万円。グラブは10年にイタリア代表の台湾遠征時に購入したもので、なんと5000円という。その黄色いグラブに刻まれた文字は「一生懸命」。来日するまで言葉の意味を知らなかったという右腕が低迷するチームを救う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年8月13日のニュース