エルドレッドが逆転2ラン!阪神8連敗で自力CS消滅

[ 2012年8月11日 22:23 ]

セ・リーグ 広島2-1阪神

(8月11日 京セラD)
 広島が逆転で阪神戦7連勝。0―1の8回2死三塁、エルドレッドが福原から3戦連続の5号2ランを放った。5本塁打のうち4本が阪神戦という好相性に「偶然だと思うが、今は好調な打撃ができている」と笑った。

 それまでの3打席は全て凡退したが、八回は集中力が違った。「しっかり体を残して打とうという気持ち」で打席に入り、フルカウントから外角の直球を右中間席にたたき込んだ。野村監督は「チームが乗っていきたいところでの一発」と助っ人をたたえた。

 横山は2年ぶりの勝利。

 阪神は継投に失敗し、5年ぶりの8連敗。自力でのクライマックスシリーズ進出の可能性が消えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年8月11日のニュース