ルーキー田原 プロ初勝利!わずか8球斬り!

[ 2012年8月10日 06:00 ]

<巨・神>プロ初勝利の巨人・田原はお立ち台でウイニングボールを手にファンの歓声に応える

セ・リーグ 巨人4-1阪神

(8月9日 東京D)
 夢にまで見たお立ち台。巨人のルーキー田原は照れくさそうに上がった。「やっと勝てたな、という気持ちでいっぱい」。8回から2番手で登板し、わずか8球で3者凡退。直後の逆転劇につなげた。

 野球人生の転機は聖心ウルスラ学園2年の秋だった。内野手から投手に転向。打撃投手を務めた際に制球難だったため、横手投げに挑戦した。これが原点だった。内野手時代は背番号すらもらえなかった苦労人は社会人を経て、ドラフト7位で入団。プロ入り後は春季キャンプ中にシンカーを習得し、頭角を現した。

 7月7日の阪神戦(東京ドーム)で高木京が新人一番乗りの初勝利。「早く追いつきたかった」と刺激を受けた。巨人でルーキー2投手が勝ち星を挙げるのは03年の久保、木佐貫以来だ。防御率1・20の貴重なサイドスロー右腕は「野球を教えてくれた父に渡したい。喜んでくれると思います」とウイニングボールを大事そうに見つめた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年8月10日のニュース