西川が逆転二塁打!「いい年を過ごせているとは思う」

[ 2012年8月4日 18:44 ]

<日・楽>楽天に勝利し、栗山監督(左)とタッチする日本ハム・西川

パ・リーグ 日本ハム4―1楽天

(8月4日 札幌D)
 二塁ベース上で、クールに3度両手をたたいた。0―1の6回2死一、二塁。代打で登場した日本ハムの2年目、西川はヒメネスの外角球を捉える。鋭い当たりは中越えへの2点二塁打となった。「見ている感じで球が動く。引っかけてゴロより、ライナーを飛ばそうと思っていた」。狙い通りの一打に、試合後には初々しい笑顔を見せた。

 打撃に加え、足の速さも売りだ。清水外野守備走塁コーチは「うちの中でもトップクラス」と言う。プロ初本塁打を放つなど、目覚ましい活躍を見せているシーズンに西川は「今のところ、いい年を過ごせているとは思う」と充実した表情で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年8月4日のニュース