グライ背信で首位陥落も…西村監督「あした頑張ればいい」

[ 2012年7月31日 22:12 ]

9回自軍の攻撃を、さえない表情で見詰めるロッテ・西村監督

パ・リーグ ロッテ3-5日本ハム

(7月31日 QVC)
 ロッテが首位攻防の初戦を落とし、5月11日から守ってきた首位の座を日本ハムに譲った。

 2回に大松の犠飛で先取点を挙げるまでは良かったが、先発グライシンガーが粘れずに7回途中5失点で降板。6月6日以来勝ち星がない右腕に対し、西村監督は「勝負どころで高めにボールがいってしまう」と嘆いた。

 後半戦は1勝4敗1分けと苦しむが、指揮官は「まだ2位にいる。あした頑張ればいい」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月31日のニュース