阪神 弱っ7連敗…中畑監督も同情「暗いなあ」

[ 2012年7月29日 06:00 ]

<神・D>9回1死一、二塁、代打・金本が右飛に倒れ、和田監督(右から4人目)ら阪神ベンチはガックリ

セ・リーグ 阪神1-3DeNA

(7月28日 甲子園)
 試合前、選手から声も出ていなかった阪神の練習風景を見たDeNAの中畑監督が言った。「暗いなあ」。敵将が全く覇気を感じなかった通り、試合でも迫力を欠いた。最下位のDeNAに連敗し、5年ぶりの7連敗(1分けを挟む)。借金は14となり、真弓明信前監督時代のワースト記録に並んだ。

 正捕手の藤井彰が故障から復帰したが、先発の岩田が初回に独り相撲を演じた。2四死球とけん制悪送球で背負った1死二、三塁から2失点。「初回ですね。(チームが連敗中で)逆に意識し過ぎているのかなと思います」と見えない重圧が制球を狂わせた。2回以降は4度の3者凡退に抑えるなど別人のような投球を見せたが、この試合前までチームの後半戦3試合の得点は0、1、1。今の打線に初回の2点をはね返す力はなかった。

 2点を追う9回は先頭の新井良が左前打で出塁したが、続く兄の新井は初球を打って二ゴロ併殺打。2死となって、マートン、今成が連打する悪循環だ。6回に唯一の得点となる左前適時打を放った新井だが、試合後は「何もないよ。またあした、準備してね」と多くを語らずクラブハウスへ。和田監督は「初回の2点を“たった2点”と思えないのが現状。選手も必死にもがいてやっているけど、それが点数として出てこない。殻を破れば、違うものが見えてくるんだろうけど…」と厳しい表情で話した。

 過去10年間で借金15を抱えたことは一度もない。最後は01年。4年連続最下位で「暗黒」と呼ばれた時代だ。その一歩手前まで来ている。

 ▼阪神・藤井彰(右胸部打撲から戦列復帰)岩田は初回だけでしたね。四死球とエラーで点を取られてしまった。勝ちたかったですね。

 ▼阪神・新井良(4試合連続の3番で先発も3度の得点圏で凡退)実力がないということ。実力がないから、ああなる。もっと練習してやるしかないです。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月29日のニュース