松阪 春夏通じ初切符!148キロ左腕・竹内142球

[ 2012年7月29日 06:00 ]

三重大会決勝 松阪3―2いなべ総合学園

(7月28日 四日市霞ケ浦)
 松阪はチーム一丸となって勝利をつかんだ。初回に3安打で2点を挙げてリードし、いなべ総合学園の反撃を食い止め続けた。

 1点のリードを守ったMAX148キロを誇る左腕・竹内は142球の熱投で2失点完投。同校を春夏通じて初の聖地へと導くと、マウンド上で天を仰ぎ、歓喜の声を上げた。6試合中5試合に先発。「真っすぐで押して、変化球で勝負するのが持ち味」と話していた通り、相手打線に的を絞らせることなく、今大会は3完封で防御率0・96と貫禄の投球を見せた。県内屈指の進学校だが、目標はプロ。最後の最後にたどり着いた全国舞台で、左腕がラストアピールする。

 ▽松阪(三重)1910年創立。三重大と連携し理数教育に力を入れる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月29日のニュース