“8時半の男”孫・宮田 敗退も「おじいちゃんを目標に」

[ 2012年7月22日 06:00 ]

東東京大会5回戦 日大一4―5二松学舎大付

(7月21日 神宮)
 「8時半の男」と呼ばれた元巨人の故宮田征典氏の孫、日大一の孝将が強豪相手に散った。

 3試合連続完封と無失点のまま臨んだが、初回に3連打で1失点。1点リードの8回に同点本塁打を浴び、9回2死二塁でマウンドを村上に譲った。最後は右翼のポジションでサヨナラ負けとなったが、「初めての神宮で楽しんでできた。おじいちゃんを目標にしたい」と新たなステージを夢見た。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月22日のニュース