坂本2世の主砲・北條決勝2ラン 光星が準決勝進出

[ 2012年7月22日 06:00 ]

<弘前工・光星学院>7回2死一塁、左翼へ高校通算21本目の本塁打を放つ光星学院・北條

青森大会準々決勝 光星学院6―2弘前工

(7月21日 青森市営)
 光星学院はOBの坂本(巨人)2世の呼び声高い主砲・北條の決勝2ランで弘前工に6―2で競り勝った。

 2―2の7回2死一塁から「走者が一塁だったので狙った」と狙い通りの一発を放った。過去3試合で安打は3回戦・青森山田戦の本塁打1本のみと不調だった。初回に今大会2本目の安打を放ちながらも、5回無死一、二塁の好機では高校では3回目という送りバント。その直後の打席で4番の意地を見せた。「調子が上がるようにしっかり練習したい」と、23日の準決勝・大湊戦を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月22日のニュース