立大野球部員が強制わいせつ未遂容疑で現行犯逮捕

[ 2012年7月18日 06:00 ]

 立大野球部の男子学生(19)が、40代の女性にわいせつな行為をしようとしたとして、強制わいせつ未遂容疑で現行犯逮捕されていたことが17日、分かった。逮捕容疑は6月23日午前9時25分ごろ、東京都府中市の公園でジョギング中の40代の女性に抱きつき、わいせつな行為をしようとしたとされる。

 警視庁府中署によると男子学生は容疑を認めているという。また、その後の調べで、昨年7月に同じ府中市内の路上で20代の女性に抱きつき転倒させ、ケガを負わせたとして強制わいせつ致傷の疑いが持たれていることも発覚した。

 同大野球部は全日本大学野球連盟に報告を済ませたが、今後の処分などについては未定。立大は今春の東京六大学リーグ戦では11試合で5勝6敗で5位の成績だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月18日のニュース