ソフトB16年ぶり借金ターン チャンスに若手沈黙…

[ 2012年7月18日 06:00 ]

<ソ・オ>6回2死三塁、遊ゴロに倒れたソフトバンク・中村は悔しがる

パ・リーグ ソフトバンク1-2オリックス

(7月17日 ヤフーD)
 ソフトバンクは連勝が4で止まり、96年以来、16年ぶりの借金での折り返しが決まった。

 4回1死満塁では22歳の中村が浅い中飛、23歳の柳田は投ゴロといずれも初球を打って凡退。6回は1点を返し、なお1死三塁としたが、長谷川、中村が倒れた。相手を上回る7安打を放ちながら1点。秋山監督は「俺が決めてやるっていうぐらい、いってくれたらいいのに。強引さがない」と、チャンスを生かせなかった若手に苦言を呈した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月18日のニュース