菊池雄星 ロングリリーフでプロ初セーブ 球宴後は先発として期待

[ 2012年7月16日 08:06 ]

<オ・西>6回から登板しオリックス打線と相手に4回4安打無失点で初セーブの菊池

パ・リーグ 西武8-2オリックス

(7月15日 ほっと神戸)
 6点リードの6回から4イニングを無失点に抑えた西武の菊池が、プロ初セーブを挙げた。

 13日オリックス戦(ほっと神戸)の雨天中止に伴うローテーション変更で前半戦の登板機会がなくなったため、ブルペン待機をしていた。「緊張した。とにかく牧田さんの勝ちを消さないようにと。野手の方たちに助けられた」。

 走者は許したが最速150キロの速球で押しまくった。杉本投手コーチは「落ち着いていたね。(球宴明けに)先発として期待しているから、4回も投げさせた」。今季は2試合に先発したが勝ち星がなく、チームの力になれていないもどかしさが残るという菊池。「少しでも貢献できれば」と力を込めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2012年7月16日のニュース