最年少20歳で球宴出場 堂林「はつらつとやりたい」

[ 2012年7月12日 06:00 ]

マツダオールスターゲーム2012

 プロ3年目で初の球宴出場が決まった広島・堂林は、今回の出場選手で両リーグ最年少の20歳。さらに球団でも1957年の藤井弘の21歳9カ月を抜く野手最年少出場となった。「凄くうれしいの一言。一番若いので、はつらつとやりたい」と目を輝かせた。

 今季は全75試合に出場しており、6月には6本塁打を放った。広島の野手ではただ一人選ばれ「注目されるのは嫌じゃないし、むしろ燃えるタイプなので堂々とプレーしたい。(普段の)試合でやっているようなフルスイングをできるようにしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月12日のニュース