サルサ好きロマン 中南米で大人気のバンドが登場曲提供

[ 2012年7月10日 06:00 ]

 ヤクルト・ロマンが10日に先発するDeNA戦(神宮)で新登場曲を披露する。

 日本人サルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」からオリジナル応援歌をプレゼントされ、曲名は「頑張れロマン」。同バンドは中南米で熱狂的なファンが多く、プエルトリコ出身でサルサ好きのロマンも、その名を来日前から知っていた。「まさかこの人たちに応援歌をつくってもらえるなんて。凄くうれしい」と喜んだ。バンド関係者は「来日後から彼に注目していた。サルサが好きと聞いて応援する気持ちが強まっていた」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月10日のニュース