和田監督 5回の守備悔やむ「勝てない焦りかな…」

[ 2012年7月7日 22:40 ]

セ・リーグ 阪神5-7巨人

(7月7日 東京D)
 今季3度目の5連敗を喫した阪神の和田監督は、逆転を許した5回裏の判断ミスを悔やんだ。

 無死二、三塁で巨人の4番・村田を迎えた場面。阪神内野陣は5―3でリードしているため前進守備を敷かず、本塁でのアウトを狙わないシフトだった。しかし、村田のニゴロを平野が本塁へ送球。しかも悪送球となって2者がかえった。平野は「何とかしてあげたかった。でも、現にアウトにできなかったので…」とうつむいた。さらに犠飛で1点を失い、ひっくり返された。このシーンをターニングポイントに上げた和田監督は「勝てない焦りかな…。ポジショニングと違うプレーをしている」。その後逆転のホームを村田が踏んだだけに、1つの判断ミスが命取りとなった。

 久慈内野守備走塁コーチは「1点オーケーと言ってるのに。今までいいプレーをしてくれているのが台無し」と厳しく断じた。8日も敗れれば、自力優勝の可能性が消滅する。指揮官は「ここ一番で一本が出れば。あす(8日)は絶対に勝ちたい。(巨人戦で)3連敗はできない」と必勝を期した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月7日のニュース