能見 巨人に3連敗「自分がせっかく打ったのに」

[ 2012年7月7日 22:33 ]

巨人戦に先発した阪神・能見

セ・リーグ 阪神5-7巨人

(7月7日 東京D)
 阪神の能見は巨人に3連敗となった。打線が3得点した2回には自身も適時二塁打を放ったが、直後にソロ2発を浴びるなど5回6失点で降板。「自分がせっかく打ったのに」と悔やんだ。

 「真っすぐも良かったし、指にもかかっていた」と言うほどの調子でも、序盤の5点を守りきれなかった。帰り際には「どうやって抑えんのやろ…」とぽつり。開幕投手の悩みの深さをうかがわせた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月7日のニュース