オリックス自力V消滅…岡田監督は「知らんかった。一つずつよ」

[ 2012年7月7日 19:47 ]

パ・リーグ オリックス5-8ロッテ

(7月7日 QVCマリン)
 オリックスは4点のリードを守れず、自力優勝の可能性が消えた。岡田監督は「知らんかった。一つずつよ。毎日試合があるから」と表情を変えることなく言った。

 2回に4点を先制したが、フィガロが粘れず6回4失点。5―4の7回に登板した吉野は根元に逆転2ランを浴びた。次打者の井口から平野を投入する準備ができていたとあって、指揮官は「あと一人で平野に行けるのに。フルカウントにしてしまうから(球を)置きにいってしまう」と苦言を呈していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月7日のニュース