乾と明石の19球対決は四球…15球をファウルに

[ 2012年7月7日 19:29 ]

パ・リーグ ソフトバンク5-0日本ハム

(7月7日 札幌D)
 9回2死無走者で打席に立ったソフトバンクの明石と、日本ハムの乾との対戦は、異例ともいえる19球を要した。結果は四球で、我慢比べは明石に軍配が上がったが、15球をファウルにした明石は「なかなか仕留められなかった」と悔しそうな様子だった。

 投げた乾は、直球とスライダーを交えながら全力を尽くした。マウンド上で時折笑みを見せていた左腕は「一球一球考えて、僕が出せるものを出した」と長い戦いを振り返った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月7日のニュース