4回もたず5失点 吉田えりが今季2敗目「一番良くなかった」

[ 2012年7月7日 16:09 ]

敵地で先発し、2敗目を喫した吉田えり

 米独立リーグのマウイに所属する吉田えり投手(20)は6日、敵地のカリフォルニア州サンラファエルで行われた試合に先発登板し、3回0/3を2安打5失点(自責点1)で今季2敗目(3勝)を喫した。

 吉田は1回1死一、三塁のピンチで、遊撃手が直射日光の影響で打球処理にもたつき(記録は内野安打)、1点の先制を許した。さらに4回無死満塁で押し出し四球を与えたところで降板した。

 2番手投手が本塁打を許すなどしたため吉田は5失点となった。「今年で一番内容が良くなかった。体力不足を痛感した」と話した。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月7日のニュース