ジラルディ監督 黒田の粘りを評価「大きかった」

[ 2012年7月7日 14:00 ]

ア・リーグ ヤンキース10―8レッドソックス

(7月6日 ボストン)
 ヤンキースは乱打戦を制する逆転勝ち。ジラルディ監督は、黒田が序盤に打ち込まれながら6回途中まで粘ったことを「大きかった。一番大事なのはチームの勝利だからね」と評価した。

 黒田はドジャースから今季加入し、名門の重圧の中で前半戦は先発ローテーションを守り抜いて8勝7敗、防御率3・50の好成績を挙げた。指揮官は「今回は本当に久々の乱調で、これまでずっと素晴らしい投球だった。良く投げてくれた」とねぎらった。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月7日のニュース