建山は1回無安打無失点「球も切れていた」

[ 2012年7月7日 12:26 ]

ツインズ戦の8回に登板し、1回を無安打無失点のレンジャーズ・建山

ア・リーグ レンジャーズ1―5ツインズ

(7月6日 アーリントン)
 レンジャーズの建山は6日、アーリントンでのツインズ戦で1―5の8回から3番手で投げ、1回を2三振で無安打無失点。防御率は13・09。勝敗は付かず、チームは1―5で敗れた。

 建山は1回を3人できっちりと片付けた。1―5の8回に登板し、下位打線を相手に緩い球をうまく使いながら連続三振を奪うと、最後は一ゴロに仕留めた。

 前回登板で5失点した建山は「球も切れていた。前回がどうこうは別にないが、走者を背負ってもこういう投球ができれば」と話す。チームの5連敗には「こういう時もある。乗り切れるでしょう」と前向きに話した。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月7日のニュース