周囲の期待に応えたダル 同僚ツイッターでも日本語で「投票して」

[ 2012年7月7日 08:28 ]

オールスター戦に初選出され、記者会見するレンジャーズのダルビッシュ

 「34番目の男」として球宴初出場が決まったレンジャーズのダルビッシュ。ファン投票締め切りとなった5日には自身のツイッターで「あと4時間です!」と呼び掛けるなどの「選挙活動」を行い、約730万票を集めた。

 ダルビッシュはこの日、同僚の正捕手ナポリのツイッターにも、自ら日本語で投票を依頼する文面を打ち込んだ。選出されダルビッシュと抱き合ったナポリは「俺の携帯を使って呼び掛けろと言ったんだ。みんなで一致団結した結果」。誰もが右腕を猛烈にサポートしてくれた。

 「自分はふさわしくない」。成績以上に話題が先行することに、本人はそう話していた。選出決定後の会見ではは照れたような苦笑いを浮かべ「選ばれたので、ファンの方に喜んでもらえるパフォーマンスを、と思ってます」。まさに総力戦。球団はテキサス州にゆかりある著名人を利用しての得票作戦を行い、ロン・ワシントン監督も「ダルビッシュに投票を!」と訴えた。そんな期待に応えたいとの思いが、ダルビッシュの異例の行動につながった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月7日のニュース