岡島 “不敗神話”止まる…プロ初本塁打も笑顔なし

[ 2012年7月4日 21:43 ]

7回楽天無死、岡島が右越えにソロを放つ

パ・リーグ 楽天2-3ロッテ

(7月4日 QVC)
 楽天のドラフト4位の新人捕手、岡島が7回に右翼席へプロ初本塁打を放った。真ん中に入った初球のスライダーを振り抜き「打った瞬間に行ったと思った。でも負けたので半減です」と笑顔はなかった。

 苦い初黒星ともなった。プロ初先発の6月26日から先発マスクをかぶった試合の連勝が5でストップ。「先頭を出塁させたのが多かったのでしっかり気をつけないと」と反省していた。

 ▽美馬(8回3失点で3敗目)「追い込んでから打たれている。今まで野手に助けてもらったのに申し訳ない」

 ▽星野監督(岡島のプロ初本塁打に)「成瀬から打ったのだから思い出になるだろう」

 ▽田淵ヘッドコーチ(4打数無安打の牧田に)「13球全部真っすぐだぞ。真っすぐにバットが出てこないというところを考えないと」

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月4日のニュース