建山 勢い止められず5連打5失点「投げ急いでいる感はあった」

[ 2012年7月4日 15:49 ]

ア・リーグ ホワイトソックス19―2レンジャーズ

(7月4日 シカゴ)
 レンジャーズの建山は相手の勢いを止めることができなかった。0―9の5回途中に登板し、敬遠四球を挟む5連打を浴びて5失点。生命線の低めへの制球が定まらず、ストライクを取りにいったところを痛打された。

 1アウトしか奪えなかった右腕は「タイミングを外しても球が高いとああいう結果になる。投げ急いでいる感はあった」と下を向く。ワシントン監督は「心配はしていない」と語ったが、複数の故障投手の復帰も近づいているため楽観はできない。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月4日のニュース