黒田に投げ負けたサイ・ヤング賞右腕「ただただ疲れたよ」

[ 2012年7月2日 06:00 ]

<ヤンキース・ホワイトソックス>8回4失点で敗戦投手となったホワイトソックス・ピービー

ア・リーグ ヤンキース4―0ホワイトソックス

(6月30日 ニューヨーク)
 前日は14得点し、地区首位対決で2連勝したホワイトソックス打線が黒田の前に沈黙した。

 ロビン・ベンチュラ監督は「黒田は気分良く打者の体勢を崩していた。凄いスライダーだったよ」と脱帽した。スタメンで唯一、三振をしなかったベッカムも「真ん中に球が全然来なかった」と賛辞。また、黒田と同じ11三振を奪いながら、8回4失点で敗れた07年サイ・ヤング賞の右腕ピービは「ただただ疲れたよ」と嘆いていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月2日のニュース