PR:

小久保 好機に三振…秋山監督「そんなに良かったかな」

<楽・ソ>8回1死満塁、楽天・田中が代打・小久保を空振り三振に抑え吠える

パ・リーグ ソフトバンク0-6楽天

(6月29日 Kスタ宮城)
 バットが空を斬った瞬間、ソフトバンク・小久保は天を仰いだ。1点を追う8回1死満塁。椎間板ヘルニアの状態を配慮されベンチスタートとなったが、最初で最後のチャンスに代打出場した。しかし、結果は残せなかった。

 カウント1ボール2ストライクからの4球目、外角低めの149キロ直球に空振り三振。ボールの切れ、コントロール、全てがパーフェクトとはじき返せる球でなかった。

 「首脳陣の配慮で1打席に懸けていたが、初球の読みが外れた。直球でくると思ったけど、スライダーだった。みんながお膳立てしてくれたチャンス。そんな中で申し訳ない」

 相手は田中だ。昨季沢村賞を獲得した右腕なら、追い込まれる前に勝負を仕掛けるしかない。そんな狙いも通じなかった。直球を狙った場面でスライダーを投げられ、これを空振りしたことで、主導権を相手に渡すことになってしまった。

 運にも見放された。小久保が倒れた直後、続く明石は7球粘った。ファウルでタイミングを少しずつ合わせ、最後は151キロ直球を逆方向へライナーではじき返した。それでも左翼を守っていた鉄平の好守に阻まれた。「あそこに飛んだら仕方ない」。リードオフマンは6回にも一直と、バットの芯でとらえながら安打にはならなかった。

 この黒星でチームは田中に対し、10年から引き分けを挟んで3年越しの5連敗を喫したことになる。零敗は通算5度目。最近3試合は全て完封勝利を許している。この日も打線は散発5安打に封じられ、得点圏に走者を進めたのは8回の一度だけだった。

 試合後、秋山監督は首をかしげた。「田中はそんなによかったかな。昨年の方がよかった気がするけどな」。攻略できなければ、他に言葉も見つからない。2年連続日本一を目指し、交流戦後のリーグ戦再開に臨んだが、これで3勝3敗1分け。気持ちを切り替え、波に乗りきれない現状を打破しなければならない。

 ▼ソフトバンク・山田(7回まで無失点も同学年の田中に投げ負け)何もないです。

[ 2012年6月30日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月21日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム