東野 今季初登板は5回2失点「全体的には良く投げられた」

[ 2012年6月9日 20:04 ]

交流戦 巨人4―3西武

(6月9日 東京D)
 今季初登板となった巨人の東野は5回2失点。勝敗は付かなかった。一回に中村に2ランを浴びたが、その後は追加点を許さなかった。「うまく緩い球を使えた。全体的には良く投げられた」と、まずまずの手応えだったようだ。

 今季は不調で2軍での調整が続いていた。登板機会がないため、すぐに出場選手登録を外れる予定だが、リーグ戦再開後は先発の一角として期待がかかる。原監督は「変化球の精度を上げてほしい」と課題を挙げた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年6月9日のニュース