中田賢、連敗止められず…「悔しいです」

[ 2012年6月6日 22:57 ]

交流戦 中日1―3西武1

(6月6日 西武D)
 中日の中田賢は打線の援護に恵まれず、完投したものの4敗目を喫した。8回3失点(自責点2)に「チームが悪い時こそ先制点を与えないようにと思ったんですけど…」とうつむいた。

 2回は1死一塁で併殺を狙えるヘルマンの打球を荒木がはじいて一、三塁となり、犠飛で先制点を奪われた。3、5回は先頭打者を出して生還を許した。開幕から10試合続けて6回以上を投げて3点以内に抑えてきた。だが、5月9日を最後に白星から見放され、チームも4連敗。右腕は「悔しいです」と力なく話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年6月6日のニュース