多田野ボール改めスカイツリーボールだ!墨田区出身だもの

[ 2012年5月22日 06:00 ]

超スローボールを「スカイツリーボール」と改称する?日本ハム・多田野

 多田野ボール改めスカイツリーボールだ!22日のDeNA戦に先発する日本ハム・多田野には、そう命名するだけの「資格」がある。

 持ち球の一つでもある、テレビの画面からはみ出すほど山なりの超スローボール。今季もここまで2球投げている魔球は「多田野ボール」などと呼ばれてきた。実家が東京・墨田区で、スカイツリーまで歩いてわずか数分の右腕は「開業の日に先発するなんて何かの縁ですかね。スカイツリーボール?いいですね」と改称にその気だ。

 8日のロッテ戦(QVCマリン)登板後は、ローテーションの関係で2軍調整を続けてきた。その間は実家からスカイツリーを横目に鎌ケ谷へ足を運んでいた。前日には商業施設「東京ソラマチ」の地元住民向けの公開にも、お忍びで顔を出してきた多田野は「広くてきれいでしたね」と地元の新名所をPRした。

 今季は2勝負けなしで、栗山監督も「テンポが良いし、バッターがリズムをつくりやすい」と期待する。「中村さんや筒香ら長打には気をつけたい」と話す多田野が、スカイツリーボールで中畑DeNAを上から見下ろす。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月22日のニュース