岸田、悪夢のバースデー 9回2死からまさかの3失点

[ 2012年5月10日 22:58 ]

9回、ソフトバンク・松中(右)に同点2ランを浴びたオリックス・岸田

パ・リーグ オリックス6―6ソフトバンク

(5月10日 ほっと神戸)
 オリックスの岸田にとって、31度目の誕生日は悪夢となった。3点リードの9回に登板し、まさかの3失点で今季初の救援失敗。「申し訳なかった。ただそれだけです」と肩を落とした。

 2死から2長短打で1点を返され、さらに代打松中に同点2ランを浴びた。今季初めて許した本塁打が痛恨の一発となり、右腕は「コースが甘かった」。岡田監督は抑え投手の乱調に「2アウト取って、ほっとするんかな」と首をかしげた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月10日のニュース