兵庫県警桃太郎 初の都市対抗予選で三菱重工神戸に善戦

[ 2012年5月10日 11:30 ]

敗戦も5失点完投した県警桃太郎の伊藤駿

 兵庫県警が昨年4月に発足させ、今年1月にクラブチームとして日本野球連盟に加盟した県警桃太郎が9日、社会人野球最大のタイトル・都市対抗への出場をかけた兵庫地区予選に初めて挑んだ。

 1次予選1回戦は、三菱重工神戸に0―5の完封負けとなった。主力の大半が警察学校で研修中。ベストメンバーを組めない中、3月の春季大会で8回コールド負けした相手に食い下がった。勤務などの都合で全体練習はできず、個々が3日に1回の練習でレベルアップを図る。高司監督は「歴史的大敗も覚悟していた」と振り返り、完投した伊藤駿も「点は取られたが、うまくはまった」と満足げ。11日、敗者復活1回戦に臨む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2012年5月10日のニュース