巨人 悔しい引き分けから一転快勝 「マジ歌選手権」のおかげ?

[ 2012年5月10日 11:20 ]

セ・リーグ 巨人8-5DeNA

(5月9日 東京D)
 相当な疲労感が身を包んでいただろう。前夜、まさかの引き分けに終わった巨人は深夜のうちに宇都宮からチームバスで帰京した。途中渋滞にも巻き込まれ、悔しさから眠りに就けない選手も多かった。

 最初は映画「ミッション・インポッシブル3」を流していたが、終了から一転。お笑いDVD「芸人マジ歌選手権」で重いムードを断ち、気分転換を図った。テレビ東京の人気番組「ゴッドタン」の名物コーナーで、深夜の車中からは笑い声も漏れたという。

 東京ドーム到着は日付の替わった午前0時半。眠気覚ましのシャワーを浴び選手は家路に就いたが、嫌な雰囲気を引きずらない12安打8得点の快勝劇には笑いも一役買ったかもしれない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月10日のニュース